MENU

ミノキシジルはもう古い?これからはキャピキシルの時代

 

これまでの育毛剤が優れていて効果的なものといえば、
AGAなどの人の中で知らない人はいないのがミノキシジルプロペシアフィンペシアなどでした。

 

ミノキシジルが育毛に効果があるのがわかったのは、
高血圧症の治療の中で血管拡張剤として使われていた時に、
体毛が増えてきたことという、いわゆる副作用からの産物でした。

 

それが毛髪にも効果的だと判明した後からは、
AGAに悩む人たちにとっては助けとなる育毛剤となってきたのです。

 

しかし、その発毛効果の反面、
副作用の症状があまりにも深刻であることが問題となり、
様々な方面で警鐘が鳴り響きはじめたのです。

 

そこに、そのミノキシジルに対する約3倍の毛生え効果があるとされる、
キャピキシルという成分が開発されました。

 

キャピキシルはカナダに存在するコスメ業界の会社が開発をした成分で、
それは「アカツメクサ花エキス」と「アセチルペプチド?3」という成分をミックスした成分の総称になります。

 

 

「アカツメクサ花エキス」にはビオカニンA」と言われるイソフラボンが含有されています。

 

これがAGA、つまりハゲの原因であるとされる悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストストロン)を作り出す「5αリダクターゼ」を抑制する作用が特徴であるのです。

 

また、「アセチルペプチド?3」は、
強力な細胞外マトリクスの修復作用を持ち、
毛包の構造維持に働きかけて髪の毛が育っていく環境を整える作用があります。

 

 

キャピキシルは医薬品では無いので副作用の心配が無い

 

キャピキシルの育毛メカニズムとしてはまず、
はAGAを発症させる原因の男性ホルモンを作り出す物質を抑制します。

 

そして、細胞外マトリクスの修復作用を駆使し、
毛包の構造維持に効果的な働きをして、育毛環境を作り出していくのです。

 

キャピキシルはこの2つの強力な作用を併せ持った成分によって、
脱毛を抑えつつ、育毛環境をとても効果的に向上させる作用があるのですね。

 

 

また現在では、このキャピキシルを配合した、
発毛が多く望めるような育毛剤も販売されるようになってきました。

 

その育毛に対する結果は前述した通り、
医薬品のミノキシジルの3倍にもなると言われていますから大きな期待と希望が持てます。

 

キャピキシルは天然草から抽出したエキスがベースになっているために、
医薬品のミノキシジルのように成約次項は特にありません。

 

つまり、危険な副作用が無いため、
安心して使用できるということですね。

 

 

ミノキシジルは副作用の怖さから敬遠する人も増えていますが、
それ以上に発毛効果も微妙だという説も聞くようになりました。

 

ですから尚更、これからはキャピキシルで安全な育毛ライフを送るべきと言えるでしょう。

 

ちなみに良くある質問として、キャピキシルとミノキシジルを併用しても良いでしょうか?というものがありますが、キャピキシルは安全性と効果の高さが最大の特徴なわけですから、わざわざ危険な物質を併用する必要はないということですので、気をつけてください。